接客に替わるWEBマーケティング

接客と言われる行為が難しい社会になってしばらく経ちます。そのため商売が成り立たないと思って、何もしないと厳しい結果が待っていることは誰もがわかっていることです。だからこそWEBマーケティングによって今までと同じように売り上げをあげられる状況を作り出さなければいけません。接客で行われていた行為とは、説明と回答です。

商品についての長所や他社との比較、具体的な利用方法などを伝えることが説明で、顧客からの質問に対して明確な情報提供を行うのが回答です。これらのより欲しいものと認識されれば、成約に近づけることができます。それをWEBマーケティングで行うには、どうすれば良いのでしょうか。まずはしっかりと説明をすることです。

まるで手にとるようにわかりやすい説明は接客に匹敵する情報源となります。できるだけ視覚効果を多くすることも重要です。手にとることでいろいろな角度から商品を見ることが可能です。その代わりに、どこでもしっかりと見えるようにする画像が重要になります。

そして質問があった項目については、すぐに説明に反映させることです。質問受けるたびに答えることも重要かもしれませんが、一度あった質問は他の人も知りたい情報のはずです。最適なWEBマーケティングを行うためには、このような情報のこまめな更新が重要です。知りたいことがすぐに分かれば、それだけ購買へのストレスが少なくなり成約に近づけることが可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする