WEBマーケティングのメリット・デメリットについて

WEBマーケティングは、名前の通りWEBサイトやサービスを活用して集客や販促をおこなうことです。このWEBマーケティングのメリットは、素早く情報を発信できるということです。インターネットを介することにより、不特定多数に向けてすぐに情報を配信できます。他のメリットとしては、宣伝効果の持続性があるというのもあるでしょう。

雑誌や新聞広告、CMやチラシなど、従来のメディアの場合、発信直後の宣伝効果が高いものの、徐々にその効力は失われていく傾向にあります。一方、WEBを使ったマーケティングは、一度ホームページなどを作ってしまえば、持続的にPR効果を発揮します。場合によっては、10年・20年と長期的に宣伝できる可能性があるでしょう。WEBマーケティングのデメリットに、地域に密着したサービスなどは宣伝効果が薄いというのがあります。

インターネットは全国に情報を発信できますが、商品やサービスを提供する地域が限定されている場合、思ったような成果を得られない可能性があるでしょう。他のデメリットには、WEBマーケティングを成功させるには知識やスキルが求められるということです。より多くの人に有益な情報を伝えるためには、SEO対策をしてホームページを上位表示させる必要があります。また、企業ホームページを制作するだけでなく、構成する技術的な知識も必要になるでしょう。

競合他社のホームページに勝つためには、相当な技術や知識が求められます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする