カスタマーサポートをWEBマーケティングに活用

WEBマーケティングでは、ツールに頼ってデザインを行うことで成果がなかなか上がらないということがあります。ツールの結果はあくまでも間接的で、主観的な勘が方が強くなり、真の原因に気がつくまで時間がかかる恐れがあります。そんなときにはカスタマーサポートを活用すると、改善策を見つけることができます。カスタマーサポートといえば、顧客からの意見を直接聞けるチャンネルです。

直接顧客を見ることができないWEBマーケティングに取って、唯一顧客の評価を知ることができます。デザインが見にくいことやボタンが押しにくいこと、ページが重くてなかなか開かないなどの意見があれば、改善の糸口が見えてくるかもしれません。直接的な意見ほどわかりやすい提案と言えます。WEBマーケティングでカスタマーサポートをおろそかにしてしまうと、得られる情報が少なくなって自分よがりなページデザインになってしまいます。

特に不満に思っている情報は改善につなげることで、顧客満足度を挙げられる機会になります。何が不満になっているのかを知ることが特に重要で、何気ないコメントの中にその種は存在しているかもしれません。欲しい商品が見つけられないと言われるようならリンクの貼り方が悪いことが予想されます。記入がしにくいと言われればフォームの改良を求められているでしょう。

手探りの状態でネットワークを構築しているような企業にとっては、このような改善の機会はのがしてはいけないチャンスです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする