ビジネスチャットのツール導入効果

近年では多くの企業で、コミュニケーションを促進させるツールとして、ビジネスチャットの活用が進められています。仕事ではメールよりもビジネスチャットのほうが便利で、使用頻度増えている人や、使いやすいとか感じている人も多く、積極的に使い始めている企業が増加傾向にあります。ビジネスチャットとは、ビジネス利用に特化したコミュニケーションツールで、業務にパソコンが取り入れられてから、情報伝達ツールとして使われていたメールとの併用が増えています。メールよりも即時性が高いことや、文章を簡略化できることが特徴で、グループ間の情報共有に適していることがメールとは異なります。

個人向けチャットよりビジネス向けのほうが、セキュリティー面が重視され、ビジネスにおける機能が標準搭載されている場合もあります。業務効率化や生産向上、リモートワークの活用など、働き方改革実現のための重要なツールのひとつとしても注目されています。基本となるチャット機能をはじめ、必要に応じてグループを作成でき、ひとり対複数人のコミュニケーションが手軽にできるグループ作成機能や、ファイルを共有できるファイル共有機能は便利に使えます。タスクの内容や期日を自分自身やメンバーの間で管理するタスク管理機能もあり、納期や状況が確認しやすく、外部のカレンダーと連携させることも可能です。

また、これらの便利な機能を活かして、新入社員のグループを作ってフォロー体制を整えたり、顧客に対しての営業ツールとして活用するなど幅広いシーンで利用できます。チャットのツールのことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする