チャットボットやWEB接客を導入しよう

お店に直接お客さんが来店した場合は、商品選びの様々なアドバイスをすることができます。お客様の希望や要望をしっかりと聞くことができますし、商品選びのサポートもできるので顧客満足度も高まることが期待できます。最近は、お店に来店するのではなく、WEBサイトを通じて商品を購入する人も増えてきました。オンライン通販は、実店舗を用意する必要がなく、人件費などのコストを抑えることができますし、全国各地から顧客を得られるのもメリットです。

オンライン通販は便利な存在ですが、実際にスタッフが接客できないというデメリットもあります。それゆえにお客さんが何を選んで良いのかわからない場合も、商品選びのサポートやアドバイスができないという問題もあります。そこで、最近はWEB接客ツールやチャットボットを導入する企業も増えてきました。チャットボットはユーザーと自動的に会話ができる会話プログラムを指します。

チャットボットはあらかじめ、ユーザーに聞かれそうな質問を登録しておくと、人工知能を活かして最適な回答をしてくれます。無人で対応できるので、人件費を抑えられることやコールセンターを用意しなくて良いのがメリットです。チャットボットの回答だけでは、十分な対応ができないという場合は友人で対応するWEB接客ツールや有人チャットを活用することも考えてみましょう。機械的な反応ではなく、より心のこもった接客をしたい場合におすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする