WEBマーケティングの意味と手法とは

WEBマーケティングとは、インターネットを利用して行われる広告・宣伝活動の事を指します。従来は企業が商品やサービスの宣伝を行うために、新聞や雑誌の広告記事・チラシ・看板・拡声器・TVやラジオのCMなどが用いられてきました。最近はインターネット上のWEBサイトを活用して広告・宣伝活動を行うWEBマーケティングを採用するケースが増えていて、低コストで効率良く集客効果が得られるための手法が考え出されています。WEBマーケティングでは、単にネットユーザーに企業のホームページやバナー広告を見てもらうだけでは不十分です。

インターネット上で提供されるコンテンツなどを通して、ユーザーが実際に商品やサービスを購入するという行動を促す必要があります。一般的に用いられているWEBマーケティングで必要なステップは、マーケティング戦略の立案と計画・集客・コンテンツを閲覧してもらうなどの体験をさせる・商品を購入するという行動を起こさせる、の4つです。広告リンクなどを通してサイトにアクセスしたユーザーに商品を購入してもらうためには、コンテンツを通して製品やサービスの有用性を訴求したり魅力をアピールすることが大きなポイントになります。サイト閲覧者に「体験」してもらう方法はいくつか存在しますが、オンラインショップであれば割引クーポンや無料サンプルを配布するといった手法が多く用いられています。

他にも、外部サイトを活用して体験談や口コミ評判などを伝える方法もあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする