チャットボットがカスタマーサポートを行うメリット

ビジネスでカスタマーサポートを行う場合、チャットボットを導入する企業が増えつつあります。チャットボットは人が入力する文章や音声に対して、適切な回答を自動で行ってくれるシステムです。たとえば、今日の天気予報を尋ねたり、明日のスケジュールを訊いたりすると必要な情報をシステムが検索して教えてくれます。この機能を応用し、チャットボットのシステムをカスタマーサポートに活用することで企業にはさまざまなメリットが見込めます。

まず、顧客からの問い合わせに対する回答を自動化することで業務の効率を向上することが出来ます。特にオペレーターの人数が不足している中小企業にとっては、シフトに割り当てる人数を減らしたり24時間営業の体制をととのえたりするのに役立ちます。誰が回答しても答えが変わらない問い合わせの内容に関して、精度の高い回答が提供できることもメリットです。たとえば、料金やサービスの利用方法に関する質問がそれです。

もし全てオペレーターが対応していれば、同じ質問に対する回答を何度も繰り返し調査することになりますが、その過剰な負担を軽減できます。カスタマーサポートに対する安心感から、企業に対する顧客の信頼度が増すこともチャットボットのメリットといえます。サービスや新商品を利用していて不明点が出てきた場合でも、問い合わせに対応するのが人ではなく機械であることから気軽に質問することが出来ます。解決しなければならない問題が深夜や早朝に発生しても、システムが回答してくれるという手軽さが魅力となります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする