サポートでチャット事例とメリット

カスタマーサポートを必要とする業種は様々あります。従来であれば電話対応や訪問が主流となっていましたが、インターネットの発達と選択できるシステムが広がったことで、チャットサポートを導入している会社も増えています。チャットサポートを導入はコールセンターのような施設や電話番号も必要ありません。電話をかけたり受信したりすると時間によってコストが発生しますが、チャットの場合は接続数や時間に関係なくコストがかからないので、コールセンターと比較してもかなり安くサポートを充実させることができるでしょう。

チャットを導入している事例としては、銀行などの金融業界やオンラインのFX会社、オンラインカジノ、保険会社などがあります。コールセンターの場合は客側がつながるまで長い間待たなくてはなりません。チャットでの対応が可能であれば待機時間を減らすこともでき、問題を抱えている顧客の心象も良くなるでしょう。金融系の導入事例が多いのは、お金にまつわるトラブルは信頼にも大きな影響を与えるので、企業のイメージを損ねないためでもあります。

電話をかけないでサポートを受けられるという体制は顧客側から見ても気軽に相談しやすくなります。導入事例で挙げられるような業界ではサポートを必要としている顧客の人数も多くなりますので、コールセンターを用意すると設備だけでなく人員も必要です。電話が手元になくてもサポートができれば、リモートワークで業務を行うことも可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする