企業が導入するチャットには便利な事例が多数あります

チャットといえば、人と人がリアルタイムでネットを介して文字での会話を行うものですが、最近ではこの方法を活用している企業が増加傾向にありいくつもの事例を確認できます。企業の場合はカスタマーセンターやお問い合わせ用のメールフォーム、若しくはフリーダイヤルを用意して消費者からの問題を解決することが一般的でした。その後は進化をしており、チャットの機能を盛り込んだ事例は、お問い合わせの専用画面にチャット形式で問題解決を行えるシステムを設けているサイトがあります。特徴は会社側は無人で対応する方法になり、利用者は自ら書き込んだ質問や問題点などに対して、的確なアドバイスを自動的に受けられるシステムが該当しています。

電話対応の方が良いと考える方もいますが、コールセンターを開設している企業でも、着信が多い場合は全ての方に対応することが難しくなるデメリットがあります。メール相談でもメール内容を十分に精査した上で折り返しのメールを送信する作業もありますが、時間と人件費が膨れ上がってしまうことは双方にとって良いことではありません。そこでチャット形式を導入した企業の事例は、問題や不具合が軽いという方には、自動回答を行えるチャットで済むならば人件費のコストも掛からずに、利用者にとっても適切な回答を得られることで短時間でストレスを感じることなく問題をクリアできています。この方法は人と会話をせずに済ませられる点や。

双方が無料で利用できることもメリットに考えることができる方法です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする