マーケティングオートメーションの特徴

マーケティングオートメーションとは見込み顧客の獲得から、営業パーソンへの引き渡しまでのマーケティング業務を、一貫して管理して自動化及び最適化する施策のことを表します。完全なる顧客になっていない興味段階の顧客はそのまましばらく経つと、徐々に受注率が下がってしまうことがあります。そこでマーケティングオートメーションを実施することで見込み顧客の興味レベルを高めることが重要となります。マーケティングオートメーションではこれまで別々のツールで別々に管理していた動きを統合して1つのツールで管理、実施ができるようになります。

新規顧客獲得を目的として実施される展示会やインターネット広告と、セミナーやメール配信等の見込み顧客の興味上昇はこれまで別々に実施されていました。マーケティングオートメーションツールはこれらを1つのツールの中で全て一元管理できるようになります。広告をクリックした方を興味のある方と判断し、メール配信を行うといったことが出来るという特徴があります。マーケティングオートメーションを実施すると業務の効率化を図ることも可能となります。

マーケティング業務にかける人件費などを削減することも出来ます。また、興味段階の顧客がどの程度関心を持っているかは企業側が判断しづらいこともありましたが、このツールで可視化できるので有効な営業を行いやすくなります。成果に悩んでいる企業においても魅力的な効果をもたらします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする